書籍・雑誌

水戸黄門を読破しました。

先週末から読み始めた水戸黄門(全8巻)を

今日読み終わりました。

--

最終巻ではお家騒動があったりでおもしろかったのですが、

あとがきで、何回も名前の出てくる人物が史実にない人物と書いてあって、

「おい」ってつっこんでしまいました。

--

すけさんとかくさんって、「佐々介三郎」「安積覚兵衛」って書くんや。

うっかり八兵衛と風車の弥七は実在したんやろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸黄門

先週から、家の中にあった「水戸黄門」を読んでいます。

全8巻ですが、現在4巻目です。

こういう歴史小説は、どういう風に政策をするか、

秘密裏に物事をすすめるとか、ものの言い方とか・・非常に勉強になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)